2010年11月03日

『バースデー』稽古場日記:
『続けていくために』(根岸花奈子)

先月27日、スピッツの13枚目のアルバム「とげまる」が発売されました。
早速買って帰ったその夜、NHKの「SONGS」にスピッツが出ていました。
思い出の地である渋谷や新宿をメンバーが訪ねるという内容でしたが、
メジャーデビューしてしばらくは、スピッツはあまり売れなかったそうです。
そこで「好きな音楽を、このバンドを続けていくためには売れなくては」と考え、
プロのプロデューサーを入れて、大衆により受け入れられる曲を目指したと。

理想はいっぱいあります。
好きなことだからこそ、こだわりたいことが山ほどあります。
でも「続けていくため」には、現実的な選択肢を受け入れ、柔軟に対応し、
時には妥協して、前に進んでいく必要があります。
初志貫徹できないことが失敗ではなくて、
初志にこだわりすぎた揚句、すべてを失ってしまう方が失敗なのかもしれません。

30分の番組を見ながら、色々と考え込んでしまいました。
「とげまる」の最初の曲が「ビギナー」というのも、なんだか暗示的です。


…マクラが長くてすみません。役者の根岸花奈子です。
『バースデー』稽古場日記も2周目に入りました。
公演まで2週間とちょっと、いよいよ大詰めの時期です。

今さらですが、theatre project BRIDGEは今年、結成10周年を迎えました。
0歳が10歳になり、10歳が20歳になり、はたまた60歳が70歳になる。
人によって体感時間の差こそあれ、10年間はなかなかに長い時間といえるでしょう。

BRIDGEも10年前、『八月のシャハラザード』を上演した頃に比べ、
稽古の効率がよくなり、仕込みが早くなり、場数を踏んで度胸がつきました。
だがしかし。
明らかに10年前より低下しているもの、それは「体力」!!
土日にみっちり稽古をすると、月曜は筋肉痛で体がバリバリになります。
ひざにできたアザもなかなか消えないし…。

先週はついに、最初から最後まで上演する「通し稽古」を行いました。
やってる間はアドレナリンが出て、痛みも疲れも感じないんですが、
翌朝背中が痛くて深呼吸すらできず、整体にかけこんでほぐしてもらいました。
三十路の体には細かなメンテナンスが大事なのです。

『バースデー』でも、「10年間」が重要なキーワードになります。
4部構成のお芝居なので、たくさんのキャラクターが登場します。
子供、青年、中年、老人。男に女に、オカマまで。
それぞれが抱える「10年間」の重みをお客様に伝えられるよう、
公演までの2週間、全力で励みたいと思います。


チケットの売れ行きも好評につき、追加公演が決定しました。
初日、20日(土)の2時の回です。
皆様のご来場を、アイピット目白でお待ちしております!

10P1090247.jpg

10P1090325.jpg

10P1090429.jpg

10P1090462.jpg
posted by theatre project BRIDGE at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 1ch:ニュース

2010年10月29日

他の国から〜浜松日常編〜

他の国から

全国各地に散在するBRIDGEメンバーによる
ご当地レポート『他の国から』。


やっと涼しく、いやむしろ寒くなってきましたね。浜松は東京より気温は高いものの、風が強く体感温度は激寒です。どうも、スタッフの石井です。


前回は浜松の美味しい食べ物を紹介させて頂きましたので、今回は浜松の人は普段何しているの?という感じで、休みの日のある日常を紹介致します。


まず、僕に限らず休日はショッピングに行く事があると思いますが、浜松は郊外に大きなショッピングセンターがいくつかあります。皆さんもよく名前は知っています「イオン」です。えっ?て感じですが、浜松にあるイオンはその規模が桁外れです。


他の国から7回1枚目.JPG



他の国から7回2枚目.JPG
横。写真に入りきりません。


洋服やレストラン、電気屋、雑貨、スーパー等合わせて100を越える店舗数に映画館やボーリング場、パチンコ屋等多数のアミューズメント施設も併設されていて、デートや遊びに行くと言えばとりあえずイオンという感じです。この規模のショッピングセンターが2つ、もう少し小さいのが2〜3こ浜松周辺にはあり、郊外型ショッピングセンターの宝庫となっています。




そして、もうひとつカップルやグループがたびたび戯れている場所は、


他の国から7回4枚目.JPG


ここ「中田島砂丘」です。

関東にいらっしゃる方は砂丘というものをあまりイメージしたことないかもしれませんね。ただの海岸じゃないの?と。僕も浜松に来るまでそんなものでしたが・・・


他の国から7回5枚目.JPG
入口すぐ。海が見えません。


他の国から7回6枚目.JPG
50mくらい歩きました。まだ見えない。足が疲れた。


他の国から7回7枚目.JPG
やっと海辺に着きました。雲の切れ目から太陽の光が射して、きれいです。


僕は海が怖いので、あまり行きませんが(ここに写真を撮る時も津波の心配はないか何度も確認をしてしまいました・・)、ゴールデンウィークに行われる「浜松祭」では大規模な凧揚げ大会を行ったり、正月は初日の出が水平線の先にきれいに見えます。浜松民にとっては身近な場所であったりもします。




さて、おなかが空いてきたのでお昼を食べます。


他の国から7回3枚目.JPG
餃子定食

このお店は僕の行きつけの中華料理屋「るんるん」さん。
両面焼いた餃子で、ジューシーさがとても美味しいです。色々な浜松餃子を食べましたが、ここの餃子が僕の中で一番です。




おなかも満たされて、次にゆっくりとしたいと思った時におすすめなのがこちらのお店。


他の国から7回目8枚目.jpg


他の国から7回9枚目.jpg
パセレッティさん


こちらの「パセレッティ」さんは座り心地の良いソファーでイタリアンやデザート、夜はお酒も飲める居心地の良いカフェです。
隣に本屋さんがあるので、お茶をしながら本を買ってゆっくり読んだり、夜中の2時までやっていますので飲み会の後の少人数の2次会や3次会にも使えます。落ち着ける雰囲気で僕が言うのもなんですが、女性におすすめのお店です。




さて、夜も更けてきました。
飲みに行きます。


他の国から7回10枚目.JPG
Bar NAGIRAさん


こちらは僕が浜松に来た当初からお世話になっているバー「NAGIRA」さん。


他の国から7回11枚目.JPG
鶏のクリーム煮とウイスキー


他の国から7回12枚目.JPG
ウイスキーの説明をしてくれるマスターとウイスキーの棚


ウイスキーやワイン等お酒の種類が豊富でリーズナブルなものから、僕の給料じゃ手が届かないものまで奥から出してくれます(高いものはいつも見せてくれるだけで飲ませてくれないけど・・)。料理も美味しく上の写真の壺焼きが一押しですが、和風の料理やパスタ等お酒に合わせて色々選べます。平均予算は一人3000〜5000円の間位でしょうか。

マスターは僕の地元横浜に住んでいたこともあり東京や横浜事情にも詳しく、色々な人生経験も豊富で、社会情勢にも詳しく、お話好き。いつ行っても、1人でも、誰と行っても楽しませてくれます。




そろそろ酔っぱらってきました。もう寝る時間です。こんな感じで1日を終えて明日から一生懸命仕事をがんばります。


浜松に何日か来られる機会がありましたら、浜名湖や浜松城、鰻や静岡おでんだけでなく、浜松の日常に触れ合ってみて、浜松の良さを感じてみてはいかがでしょうか?

posted by theatre project BRIDGE at 04:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 8ch:他の国から

2010年10月28日

『バースデー』稽古場日記:
それをいっちゃあ、、(永田悠樹)

前回の稽古場日記を書いていたのは、記録的猛暑といわれた夏の日でした。
今回の稽古場日記を書いていたのは、記録的な早さの初雪が観測された冬の日でした。
季節は巡り僕もまた一つ年をとりました。
このまま勝俣州和を経て、高田純次のような大人に私はなりたい。
時の過ぎ行くままに。

どーも、役者永田悠樹です。


☆前々から思ってたんですけど、大人だってね、遊びたいんですよ!

★唐突に何の話ですか?

☆遊んでられるのも今のうちだぞ、なんて学校の先生がよく口にしますけどね、じゃあ大人は遊んじゃいけないのか?と、そおゆうことを言いたいんだよ、僕は!

★はあ、、

☆あ、何かな?その「バカな大人がまたバカなこといいだしたな、メンドくさいな」みたいな顔はっ!

★みたいなでなく、まんま、なんですけど。

☆いーいかな?遊ぶ、または遊ぶことを考える。これは全ての生物の中でも人間だけに与えられた特権なんだよ。人間一生懸命働くのは何故か?休日に楽しく遊ぶためでしょう?
みんなで楽しく遊んでいれば、いいよ〜。
争い事もなくなるよ、ひいては世界平和につながるね。

★世界平和!また大きくでましたね。

☆みんな遊ぶということについて、もっと真剣に考えるべきなんだよ。
その点僕くらいの人間になるとね、常日頃からその辺のことばかり考えているからね、稽古中も全力で遊んでいると。
だから、そういった目線で、怒らないで見て頂きたいと。
ま、このように思うわけなんだな。

★、、、長々と喋りましたけど、結局言い訳したいだけですね?

☆、、、君ィ、それをいっちゃあ、ミもフタもないよ。

てなワケで、BRIDGE10周年での記念すべき作品『バースデー』は着々と稽古が進んでいます。
みんな真剣に悩み、苦しみ、そしてその先にある遊びの境地へ達しようとしています。
かなりお祭り感満載の作品です。皆様も是非劇場で私達と遊んじゃいましょう!セイ、ワッショイ!!

尚、チケットの予約状況もお陰様で好調でございます。
追加公演も決定はしましたが、予約はお早めにどうぞ!ではっ!

10P1090138.jpg

10P1090145.jpg

10P1090150.jpg
posted by theatre project BRIDGE at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 1ch:ニュース

2010年10月24日

ブリトーーク! 第4回『PATRICIA』

britalk.gif

theatre project BRIDGE が過去に上演した11作品を毎回1つずつ取り上げて、メンバーが当時の思い出や裏話を熱く語る「ブリトーーク」。

第4回は、当時過去最高の登場人数の『PATRICIA』(2002年)です。

パトリシア アップ用.jpg

根岸花奈子(左・キィ役)
山本洋平(中・歩役)
渡邉香里(右・エリ役)
+他数名

このメンバーが当時を振り返ります。

posted by theatre project BRIDGE at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 9ch:ブリトーーク!

ブリトーーク! 第3回『あの夏のMessenger』

britalk.gif

theatre project BRIDGE が過去に上演した11作品を毎回1つずつ取り上げて、メンバーが当時の思い出や裏話を熱く語る「ブリトーーク」。

第3回は、初の夏公演『あの夏のMessenger』(2002年)です。

メッセンジャー アップ用.jpg

渡邉優子(左・ケイ役)
福永貴之(中・林太郎役)
鳥居沙菜(右・ピンク役)
+他数名

このメンバーが当時を振り返ります。


posted by theatre project BRIDGE at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 9ch:ブリトーーク!

2010年10月22日

役者永田悠樹 炎の十番勝負 第七回戦

炎の十番勝負

役者永田悠樹が10にまつわる無謀な企画にチャレンジする番組です。

第七回戦【どーなっ10の?ドーナツ早食い選手権】




今回は初の大人数での挑戦です!見終わった後、
是非オールドファッションを食べにミスタードーナツへ足を運んでみてください。
(アシスタント:渡邉優子)
posted by theatre project BRIDGE at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 2ch:炎の十番勝負

2010年10月21日

『バースデー』稽古場日記:
改善とは、前向きなゴールを目指した時に初めて実現する(福永貴之)

ごきげんよう、役者の福永貴之です。
(ぼくが小学生の時、担任の先生から「いつでも使えるあいさつは何だ?」というクイズを出されたことがあります。その答えが"ごきげんよう"という言葉。ブログを朝昼晩、みなさまがいつ読んでも不自然がないよう使ってみました。決して華族出身の女学生のような気持ちで書いたわけではないので誤解なさらないでください。
ちなみにぼくが先生に言った答えは"おはこんばんちわ"でした。
アラレちゃん世代最後の生き残りです。)

さて、いよいよ本番まで約一ヶ月となり、稽古もハードになってまいりました。
その中で、17日の日曜日の稽古では、自分がBRIDGEで役者をやってきて、10年目にして初めての体験をしました。
今回は10周年記念公演ということもあり、台本を書く木下もかなり慎重に、熟考しながら、台本を執筆しています。
ちなみに芝居の台本を書かれる方々にも色々なタイプがいます。
稽古に入る前には完全な形にして、それを忠実に役者さんに演じてもらう人。稽古に入る前に台本はあるけれど、役者さんに合わせて台本を書き直していく人。稽古に入る前には台本は完成していなくて、役者さんの様子を見ながら台本を完成させていく人、などなど。
先日、惜しまれながらもガンでこの世を去った脚本家の井上ひさしさんは、筆が遅いことで有名で、紀伊國屋ホールの本番初日を延期させることが一度や二度ではなかったそうです。ただ、それも一重におもしろい作品を目指してのこと。ぼくは井上さんの作品が大好きです。
木下は普段は稽古前に台本が上がっていて、役者に合わせて微調整をしていくというタイプだとぼくは考えています。
ただ、今回、かなりこだわってます。井上さんバリです!
けれども、きっとBRIDGEは本番延期はないのでご安心くださいね。

そんな木下から。この間の稽古で新しい台本を渡されました。ただ、いつもと違い、渡された台本の部分のすぐ前のシーンを稽古している最中に、突然渡されたのです。もらった瞬間から演技スタートです。
通常は台本をもらい、読み込みしてからセリフとして声に出すのですが、この時はぶっつけ。ただただキャラクターだけ意識して、渡されたセリフを読んでいると…渡されたセリフを読んでいるだけなのに、稽古場で自然と笑いが起きるのです。思わずぼくも笑ってしまいました。ぼくが笑うことは役者としては良くないことなのですが、なんだか楽しくなってしまって。そして、10年目にして初めてのこの体験が、アマチュアながらに少しでもおもしろいものを作りたいという思いを持って続けてきて、まだまだ下手くそですが、それでも自分たちが成長してきた結果の一つだと感じられて、なんだか嬉しかったのです。
演技が未完成でも、台本だけでも十分楽しめる、今回の作品にいっそう自信が持てました。
もちろんその台本に上乗せで、みなさんに楽しんでいただけるよう、役者陣も、本番までさらにがんばります!

チケット予約も始まりました!!

10周年記念公演『バースデー』、是非お楽しみに!

10P1090092.jpg


10P1090100.jpg


10P1090098.jpg
posted by theatre project BRIDGE at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 1ch:ニュース

2010年10月19日

『バースデー』追加公演決定!

『バースデー』チラシ表

先日チケット販売を開始した『バースデー』ですが、
ご好評につき、追加公演を設けることが決定しました!

追加されるのは、20日(土)14:00 の回です。

『バースデー』タイムスケジュール

みなさまお誘い合わせのうえ、どうぞご来場くださいませ。



posted by theatre project BRIDGE at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 1ch:ニュース

2010年10月14日

『BRIDGE歴史探訪〜目白・藤沢 電車10路線の旅〜』 前編

こんにちは、theatre project BRIDGEの役者の山本洋平です。
今回、私たちは10周年記念企画として『BRIDGE歴史探訪〜目白・藤沢 電車10路線の旅〜』というものを決行しました!
ルール概要を簡単に説明させていただきます。
現在のBRIDGEの活動拠点であります目白をスタート地点として、ぴったり10個の路線を使って藤沢を目指します。
ただし、JR限定で一度利用した路線は二度と使用できないというものです。
前後篇に分けてお送りさせて頂く壮大な内容。
果たして無事に藤沢までつけるのでしょうか?
写真と動画でお楽しみください!

前篇『目白〜高崎・同じチームの根岸が寝坊!果たしていつ合流できるか!!』

さて、はじまりました10路線の旅前篇。
スタートは目白ということでもちろん一番目の路線は、
『山手線』になります!こちらで次の路線を目指して日暮里まで向かいます!

DSCN9869.JPG アップ用1.JPG

着きました日暮里、まだまだ都内で余裕です。
都内だけど私にとってはなかなか縁がなかった土地。
ちょっと山手線と似た色をした第二の路線『常磐線』へのりこみたいと思います!


DSCN9873.JPG アップ用2.JPG

さて、常磐線にて向かった先は千葉県の新松戸。
3路線目のこの時点ですでに都内を飛び出してしまいました。
さてさて、無事にちょうど10路線で目的地藤沢につけるのでしょうか?
次に乗り込むのはオレンジのラインが入った『武蔵野線』
3つ目ということで、メンバーのマッチョ(福永貴之)がバカになってます。
少しネタが古いです。


DSCN9877.JPG アップ用3.JPG

おっとここで路線とは関係ないですが、寝坊していた根岸から謝罪メールが届きました(笑)


DSCN9881.JPG アップ用4.JPG

お寝坊した根岸は置いといて、10路線の旅は続きます。
オレンジの武蔵野線はとってもゆったりした風景をバックにひたはしり、到着しましたのは、埼玉県南浦和市!!
まだまだスタートしてから1時間半くらいしか経っていないのに4路線目!
でも、埼玉県…ん〜、大丈夫なんでしょうか!?
次に乗り込むのは東京・埼玉・神奈川のみなさんに少しは馴染みがあるでしょう、青いラインの『京浜東北線』です!


DSCN9884.JPG アップ用5.JPG


南浦和から私たちが向かった先は出発した土地、東京!
この2時間近くは一体何だったのだろうか!!という声は全く無視して、折り返しの本数となる5本目に選んだ路線は『埼京線』です。さて、次はどこへ向かうのでしょうか?


DSCN9887.JPG アップ用6.JPG


赤羽から私たちが次に乗り換えの地に選んだのは埼玉県でも最大規模のターミナル駅と位置付けられています、大宮駅です。埼玉に戻ってる!!でも気にしません。とにかく私たちはたくさんの路線に乗りたいんです!
大宮からは6路線目の『高崎線』へと乗車して次なる土地を目指します!


DSCN9894.JPG アップ用7.JPG


高崎線にて到着したのはなんと群馬県の高崎駅!
ほんとに藤沢に行く気はあるのでしょうか…なぜこの駅に来てしまったのでしょうか。
理由はいくつかございます。
その理由は次の後編にて明かしていこうと思います。

ここまで半日かけて6路線を利用しました。
ざっとおさらいすると
目白〜日暮里(山手線)
日暮里〜新松戸(常磐線)
新松戸〜南浦和(武蔵野線)
南浦和〜赤羽(京浜東北線)
赤羽〜大宮(埼京線)
大宮〜高崎(高崎線)

このような流れとなりました。
半日掛けて6路線!かなり順調じゃないでしょうか!
後編も乞うご期待ください!
そして、忘れちゃいけない、根岸の合流はいつになるのでしょうか!?







posted by theatre project BRIDGE at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 10ch:10年どうでしょう

2010年10月13日

『バースデー』稽古場日記:
役者でヘアメイクで(渡邉優子)

先月まで猛烈な暑さだったというのに、もうすっかり秋になりましたね。
食べ物も美味しく、オシャレも楽しく、陽気も最高!1年の季節の中で一番過ごしやすい秋。
そんな中、私達は毎週公民館の一室で稽古に励んでいます。
窓の外を見ると、どこかに行きたいな〜と思いますが、芝居が出来あがってくる喜びには勝てません。

さてさて、先週、先々週と、公演のパンフレット撮影をしてきました。
私は役者兼ヘアメイクなので結構大変です。人のことで手一杯になり、自分の事は後回し。
結果自分はどうでもよくなってしまいます。多分、裏方気質なんだと思います。

今回のパンフレットのコンセプトは・・・、秘密です♪
そこは劇場に来てからのお楽しみってことで!
去年同様、今年もカメラマンの巽くんとデザイナーの佐藤くんの力あって、クオリティーの高い作品に仕上がっております。
毎度の悪ふざけに全力を注ぐプロ達ですが、私も含め、BRIDGEには専門職が沢山います。
そこが他の劇団にはない、BRIDGEの強みでもあります。

社会人が芝居をやっていくのは、はっきり言ってとても大変です。
でも、自分達がやりたくてやってるんだから、それを言い訳にしてはいけません。お金をいただいている以上、私達はプロです。
観に来てくださるお客さん皆様に満足して頂けるよう、メンバー一同切磋琢磨し、最高のパフォーマンスをお届けしたいと思います。
今回、10年目のメモリアル公演ということで、私自身、かなり気合充分です!
少年役も見納めになる可能性大なので、是非劇場にいらして下さい。

私も来週で27歳になります。BRIDGEに入ったのが17歳だったから、もう10年経ちます。
色んなことを経験し、色んな思いをし、少女から大人になりました。
大人になった今、少年役をやるということは私自身の挑戦でもあります。
少年役も今回で3回目になりますが、今までとは一味違う、成長した少年をお楽しみに!

10P1090028.jpg

10P1090082.jpg

10P1090080.jpg
posted by theatre project BRIDGE at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 1ch:ニュース