2010年10月14日

『BRIDGE歴史探訪〜目白・藤沢 電車10路線の旅〜』 前編

こんにちは、theatre project BRIDGEの役者の山本洋平です。
今回、私たちは10周年記念企画として『BRIDGE歴史探訪〜目白・藤沢 電車10路線の旅〜』というものを決行しました!
ルール概要を簡単に説明させていただきます。
現在のBRIDGEの活動拠点であります目白をスタート地点として、ぴったり10個の路線を使って藤沢を目指します。
ただし、JR限定で一度利用した路線は二度と使用できないというものです。
前後篇に分けてお送りさせて頂く壮大な内容。
果たして無事に藤沢までつけるのでしょうか?
写真と動画でお楽しみください!

前篇『目白〜高崎・同じチームの根岸が寝坊!果たしていつ合流できるか!!』

さて、はじまりました10路線の旅前篇。
スタートは目白ということでもちろん一番目の路線は、
『山手線』になります!こちらで次の路線を目指して日暮里まで向かいます!

DSCN9869.JPG アップ用1.JPG

着きました日暮里、まだまだ都内で余裕です。
都内だけど私にとってはなかなか縁がなかった土地。
ちょっと山手線と似た色をした第二の路線『常磐線』へのりこみたいと思います!


DSCN9873.JPG アップ用2.JPG

さて、常磐線にて向かった先は千葉県の新松戸。
3路線目のこの時点ですでに都内を飛び出してしまいました。
さてさて、無事にちょうど10路線で目的地藤沢につけるのでしょうか?
次に乗り込むのはオレンジのラインが入った『武蔵野線』
3つ目ということで、メンバーのマッチョ(福永貴之)がバカになってます。
少しネタが古いです。


DSCN9877.JPG アップ用3.JPG

おっとここで路線とは関係ないですが、寝坊していた根岸から謝罪メールが届きました(笑)


DSCN9881.JPG アップ用4.JPG

お寝坊した根岸は置いといて、10路線の旅は続きます。
オレンジの武蔵野線はとってもゆったりした風景をバックにひたはしり、到着しましたのは、埼玉県南浦和市!!
まだまだスタートしてから1時間半くらいしか経っていないのに4路線目!
でも、埼玉県…ん〜、大丈夫なんでしょうか!?
次に乗り込むのは東京・埼玉・神奈川のみなさんに少しは馴染みがあるでしょう、青いラインの『京浜東北線』です!


DSCN9884.JPG アップ用5.JPG


南浦和から私たちが向かった先は出発した土地、東京!
この2時間近くは一体何だったのだろうか!!という声は全く無視して、折り返しの本数となる5本目に選んだ路線は『埼京線』です。さて、次はどこへ向かうのでしょうか?


DSCN9887.JPG アップ用6.JPG


赤羽から私たちが次に乗り換えの地に選んだのは埼玉県でも最大規模のターミナル駅と位置付けられています、大宮駅です。埼玉に戻ってる!!でも気にしません。とにかく私たちはたくさんの路線に乗りたいんです!
大宮からは6路線目の『高崎線』へと乗車して次なる土地を目指します!


DSCN9894.JPG アップ用7.JPG


高崎線にて到着したのはなんと群馬県の高崎駅!
ほんとに藤沢に行く気はあるのでしょうか…なぜこの駅に来てしまったのでしょうか。
理由はいくつかございます。
その理由は次の後編にて明かしていこうと思います。

ここまで半日かけて6路線を利用しました。
ざっとおさらいすると
目白〜日暮里(山手線)
日暮里〜新松戸(常磐線)
新松戸〜南浦和(武蔵野線)
南浦和〜赤羽(京浜東北線)
赤羽〜大宮(埼京線)
大宮〜高崎(高崎線)

このような流れとなりました。
半日掛けて6路線!かなり順調じゃないでしょうか!
後編も乞うご期待ください!
そして、忘れちゃいけない、根岸の合流はいつになるのでしょうか!?







posted by theatre project BRIDGE at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 10ch:10年どうでしょう

2010年09月25日

10年どうでしょう 第一回【南京Tシャツを探せ!】編

10年どうでしょう

さぁ!満を持しての解禁となりました『10年どうでしょう』!
唯一「BRIDGEチャンネル10」の中で更新がなく、その全貌がベールに包まれていた秘密のチャンネルです。


こんにちは。theatre project BRIDGEの役者の山本洋平です。
さて、『10年どうでしょう』第1回目はBRIDGE初のロケ企画の模様をお送りします。
その内容は「神戸南京町Tシャツを探せ!」です。
いきなり全く訳のわからない企画が飛び出してきて大丈夫なのかこのチャンネルは?といった感じでしょうが、簡単にご説明させて頂きます。

遡ること約8年。僕にとって初のBRIDGE参加作品でした「あの夏のMessenger」。
その時、僕はヒーロー戦隊研究会なるものに所属する純粋無垢にアニメとヒーローを愛する、オタクのテツ君を演じました。
そのキャラクターは現在流行りのアキバ系とは少し違った、元気で必死でそれでいてとても気弱でちょっと気持ち悪くて、でもどこか憎めない愛嬌のあるアニメ・ヒーローオタク君でした。
そんなテツ君を演じるにあたって当時選ばれた衣装がこちら!!

10年どうでしょう第一回.jpg


………。

ヒーローオタクとはどういう繋がりがあるのか全くわからないが、インパクトは素晴らしい、こちらのTシャツを着ていました。

このTシャツはメンバーの一人がタンスの肥やしからひっぱり出してきたもので、どこで入手したかは全くの不明のものです。
何気なく持ってこられたものが演出に気に入られ、即決でテツ君の衣装となりました。

さて、第1回目の『10年どうでしょう』は「この神戸南京町Tシャツを探し出せ!!」というものです。
手掛かりはTシャツに書かれた「神戸南京町」の文字のみです。
まったく無茶な指令だがやるしかない!

と、いうことで、僕たちは神戸までこのTシャツを探しに行ってきちゃいました。
詳しい様子は以下の動画でお楽しみください。



さぁ、Tシャツ探しの旅へ出発!!
posted by theatre project BRIDGE at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 10ch:10年どうでしょう