2010年10月29日

他の国から〜浜松日常編〜

他の国から

全国各地に散在するBRIDGEメンバーによる
ご当地レポート『他の国から』。


やっと涼しく、いやむしろ寒くなってきましたね。浜松は東京より気温は高いものの、風が強く体感温度は激寒です。どうも、スタッフの石井です。


前回は浜松の美味しい食べ物を紹介させて頂きましたので、今回は浜松の人は普段何しているの?という感じで、休みの日のある日常を紹介致します。


まず、僕に限らず休日はショッピングに行く事があると思いますが、浜松は郊外に大きなショッピングセンターがいくつかあります。皆さんもよく名前は知っています「イオン」です。えっ?て感じですが、浜松にあるイオンはその規模が桁外れです。


他の国から7回1枚目.JPG



他の国から7回2枚目.JPG
横。写真に入りきりません。


洋服やレストラン、電気屋、雑貨、スーパー等合わせて100を越える店舗数に映画館やボーリング場、パチンコ屋等多数のアミューズメント施設も併設されていて、デートや遊びに行くと言えばとりあえずイオンという感じです。この規模のショッピングセンターが2つ、もう少し小さいのが2〜3こ浜松周辺にはあり、郊外型ショッピングセンターの宝庫となっています。




そして、もうひとつカップルやグループがたびたび戯れている場所は、


他の国から7回4枚目.JPG


ここ「中田島砂丘」です。

関東にいらっしゃる方は砂丘というものをあまりイメージしたことないかもしれませんね。ただの海岸じゃないの?と。僕も浜松に来るまでそんなものでしたが・・・


他の国から7回5枚目.JPG
入口すぐ。海が見えません。


他の国から7回6枚目.JPG
50mくらい歩きました。まだ見えない。足が疲れた。


他の国から7回7枚目.JPG
やっと海辺に着きました。雲の切れ目から太陽の光が射して、きれいです。


僕は海が怖いので、あまり行きませんが(ここに写真を撮る時も津波の心配はないか何度も確認をしてしまいました・・)、ゴールデンウィークに行われる「浜松祭」では大規模な凧揚げ大会を行ったり、正月は初日の出が水平線の先にきれいに見えます。浜松民にとっては身近な場所であったりもします。




さて、おなかが空いてきたのでお昼を食べます。


他の国から7回3枚目.JPG
餃子定食

このお店は僕の行きつけの中華料理屋「るんるん」さん。
両面焼いた餃子で、ジューシーさがとても美味しいです。色々な浜松餃子を食べましたが、ここの餃子が僕の中で一番です。




おなかも満たされて、次にゆっくりとしたいと思った時におすすめなのがこちらのお店。


他の国から7回目8枚目.jpg


他の国から7回9枚目.jpg
パセレッティさん


こちらの「パセレッティ」さんは座り心地の良いソファーでイタリアンやデザート、夜はお酒も飲める居心地の良いカフェです。
隣に本屋さんがあるので、お茶をしながら本を買ってゆっくり読んだり、夜中の2時までやっていますので飲み会の後の少人数の2次会や3次会にも使えます。落ち着ける雰囲気で僕が言うのもなんですが、女性におすすめのお店です。




さて、夜も更けてきました。
飲みに行きます。


他の国から7回10枚目.JPG
Bar NAGIRAさん


こちらは僕が浜松に来た当初からお世話になっているバー「NAGIRA」さん。


他の国から7回11枚目.JPG
鶏のクリーム煮とウイスキー


他の国から7回12枚目.JPG
ウイスキーの説明をしてくれるマスターとウイスキーの棚


ウイスキーやワイン等お酒の種類が豊富でリーズナブルなものから、僕の給料じゃ手が届かないものまで奥から出してくれます(高いものはいつも見せてくれるだけで飲ませてくれないけど・・)。料理も美味しく上の写真の壺焼きが一押しですが、和風の料理やパスタ等お酒に合わせて色々選べます。平均予算は一人3000〜5000円の間位でしょうか。

マスターは僕の地元横浜に住んでいたこともあり東京や横浜事情にも詳しく、色々な人生経験も豊富で、社会情勢にも詳しく、お話好き。いつ行っても、1人でも、誰と行っても楽しませてくれます。




そろそろ酔っぱらってきました。もう寝る時間です。こんな感じで1日を終えて明日から一生懸命仕事をがんばります。


浜松に何日か来られる機会がありましたら、浜名湖や浜松城、鰻や静岡おでんだけでなく、浜松の日常に触れ合ってみて、浜松の良さを感じてみてはいかがでしょうか?

posted by theatre project BRIDGE at 04:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 8ch:他の国から

2010年10月06日

他の国から〜鹿児島編A byよしお〜

他の国から


桜島が20日間爆発しなかっただけで「どうして爆発しなくなったのか」という特集がトップニュースで伝えられる鹿児島から、よしおがお伝えします。

大雨、台風、地震、黄砂、雷、水害…、自然災害目白押しの鹿児島ですが、その分自然がとても美しい場所もあります。

他の国第2回1枚目.jpg
霧島のすがすがしい朝。日差しは強いので注意!


他の国第2回2枚目.jpg
そこで食べた。鹿児島らしく豚骨のだし。やぱり美味いもんが多いんだなぁ〜。
…そして隣のテーブルには、2人の20歳そこそこ位の男子が2人でカニを食べていました。男2人で黙々と…、ホテルの食事で…。どんな関係なんでしょう…。。。

他の国第2回3枚目.jpg
そして、朝市にはおいしそうなも並びます。ほんと美味しい!!
この前、「魚会」なるものを開催。「アジ、甘えび、秋太郎(バショウカジキ)の刺身、エビとアボカドのサラダ、サーモンのムニエル etc)」を作りました。

ちなみに、秋太郎ってこんな魚です。
他の国第2回4枚目.jpg

そして今回は、せっかくなのでスポーツキャスターとして取材に行ったものをいくつかご紹介します☆
他の国第2回5枚目.jpg
鹿児島女子バレーボール部!インターハイ準優勝!火の鳥JAPANに入れそうな子もいるんです!ちなみに10月29日からは、世界女子バレーがTBS系列で始まるので見てください☆鹿児島出身の迫田さおり選手にこの前インタビューさせてもらったんですが、カワイかった…。仕事じゃなくてプライベートで仲良くなりたい…。写真は大人の都合で載せられませんが、画面で見てください!生のさおりんとかメグも目の前に!ほんと細くてびっくりでした。

他にも…
他の国第2回6枚目.jpg
バスケや

他の国第2回7枚目.jpg
高校野球…

他の国第2回8枚目.jpg
アーチェリーも取材に行きました!

他の国第2回9枚目.jpg
…おっと、これはさっきの霧島でなぜかストラックアウトをしている自分の写真、、、。

そして、この人!
他の国第2回10枚目.jpg
通称 ”鹿児島のイチロー
本名 満山一朗さん。
バッティングセンターのホームランを量産する71歳の満山さんを取材しました!(去年2000本塁打を達成しました)
バッティングセンターに通い始めて10年。71歳で1400gのバット(通常800〜900g)のバットを振る超人です!元大リーガーの長谷川や、槙原らとも対戦してヒットを打っています。今は本当のHR目指して、特訓中の「進化する鉄人」です。
全国ネットでも結構出てるので、ぜひみなさんチェックしてください!





posted by theatre project BRIDGE at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 8ch:他の国から

2010年09月17日

他の国から〜旭川編A by堀川ロコ〜

他の国から
あぁあ〜あああああ〜あ〜
ぁあ〜あああああ〜


父さん、

僕は…『他の国から』レポーターの堀川ロコなわけで。

北海道の短い夏に終わりを告げるかのような冷たい風が僕の頬に吹きつけ、木々の色は早くも緑から赤黄に色づき始め。



全国各地に散在するBRIDGEメンバーによる
ご当地レポート『他の国から』 。
北海道、鹿児島、浜松、宇都宮・・・そして再び北海道。


7月8月、雄大な大地の息吹を謳歌する夏の北海道。
9月に入ると一転して風は冷たく、そして朝夕は半袖では厳しい冷え込みを見せます。
「秋の気配」どころでは無く、すっかり「秋」そのもの。
秋を迎えるとすぐに厳しい冬が来る...。
道産子の心は秋になると急激に冷え込む。
...と思いきや。
秋になると急に張り切る道産子が増えます。


何故でしょう。
食いしん坊の多い道産子にとって秋と言えば「アキアジ」。
ご存じですか?
アキアジ=秋味、もちろん秋の味覚。
さて、何でしょう。


これです!
no-title


そうなんです、「秋鮭」と書いて「アキアジ」と読む(本当です)。正に秋の味覚です。
9月1日に道内で一斉に禁漁が解け、週末となると世のお父様方は週末になると車を飛ばしてひたすら海へ。


産卵のため川に上ってきたところを捕獲するのは禁止されている(例:石狩川は河口から1km以内が禁漁)ため、釣り人は河口に集まり夜明け前から場所取り合戦。
人気ポイントでは前日夜からすでに混み合い、明け方には2m毎に竿が並ぶほどの大混雑を見せます。
北の国旭川2 釣り.jpg


仕掛けはこんな感じ<『鮭釣り倶楽部』より※>
北の国旭川2 仕掛け.jpg

アキアジ釣りは数ある釣りの中でも<ルアー+餌>という特殊な方法を用います。
餌は通常サンマの切り身を使います。肉食系なんですねぇ。
ちなみにこれはタコベイトという蛍光のタコのおもちゃ。
こんなものに釣られちゃう鮭はちょっと可愛い。
<同じく『鮭釣り倶楽部』より※>
タコベイト.jpg

・・・こんな顔をみてしまうと可愛いなんて言ってはいられません。
明らかにゴツい。
北の国旭川2 鮭.jpg


さて、めでたくお父様方が頑張って獲物を捕って来た後は、お母様方の出番です。
頭を落とし、アラ汁を煮、身はチャンチャン焼きに、雌ならイクラを漬け、雄なら白子を天ぷらに。


恐らくアイヌが先住していた頃から、今も昔も変わらぬ秋の喜びなのです。



・・・と、長々さも嬉しそうにリポートしてきましたが、

何を隠そう、

私は、


昨年2回アキアジ釣りに出かけ、

2回とも坊主...。

非常にレアケースです(涙)。
餌のサンマを帰って食べました(涙涙)




※「鮭釣り倶楽部」のHPはこちら。
http://ww6.et.tiki.ne.jp/~akiazi/
posted by theatre project BRIDGE at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 8ch:他の国から

2010年07月25日

他の国から〜おいでませ宇都宮!!編〜by 寺井

他の国から


こんにちは!スタッフの寺井です。

今回は、移り住んで5年になる宇都宮をご紹介します。


宇都宮…来たことありますか?
餃子で有名な宇都宮。東北新幹線もとまります。

富士山みたいな火山もなく、地震も少ない宇都宮。
雪もあんまり降らないし洪水とかも起こりません。

住みよい呑気な街。
日光や那須はもちろん、軽井沢やら群馬の温泉なんかが近くて楽しいですよ!


そんな宇都宮。
駅前はこんな様子。

わが町4回目1枚目


ひろびろとした歩道橋。
写真だと分かりづらいですが
名物の餃子屋さんの看板も写っています。

新幹線に乗っていると
宇都宮だけ異様に餃子屋だらけなのがよくわかります。


ちなみに駅前の餃子屋さんだらけの通り。

わが町4回目2枚目



ひしめき合う餃子屋!
宇都宮は冬、雪は降らないけど死ぬほど寒いので
みんながスタミナつけるために餃子をよく食べるのです。

餃子は東京に比べてタネが豊富。
わたしはバナナ入り餃子が大好きです。
バナナ味なのに醤油が合うのです!

宇都宮は、餃子を市を挙げておしているので
餃子のシンボル・餃子像もあります。
しばらく前に倒れて割れてしまった餃子像…。
ニュースにもなったのでご存知の方もいるかもしれませんね。


こんな像。

わが町4回目3枚目



餃子に手足があってちょっと怖いです。
でも見慣れてくると愛嬌があってかわいく思えてきます。


倒れてしまった餃子像。

わが町4回目4枚目



真っ二つになってしまいましたが
今はちゃんと直って立派にまっすぐ立っていますよ!


ところで。
みなさん栃木県の「レモン牛乳」をご存知ですか?

U字工事もテレビで紹介していた栃木県民愛飲のドリンクです。

最近は駅のお土産屋さんやコンビニにも売ってます。
ひとつ85円!100円を切る飲み物って今はレアですよね。

私飲んだことなかったのですが、
今回初めてトライしてみました!


わが町4回目5枚目


気になるお味は…
ミルクセーキみたいなあま〜い味。レモン味とは違うかな?
色はうすい黄色でカワイイです。

新幹線でたまに飲んでいる人がいたり、
駅前にレモン牛乳の空きパックが捨てられていたりして
地域に浸透しているんだなあと感じます。

レモン牛乳プリンやおまんじゅう、せんべいなどいろいろ商品のバリエーションがありますが、
最近は「レモン牛乳ソーセージ」なるものがあるようです。
お菓子からお惣菜のステージへ!
栃木県民ドリンク「レモン牛乳」はまだまだ進化中のようです。


宇都宮にいらしたときは、「レモン牛乳」飲んでみてくださいね。



posted by theatre project BRIDGE at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 8ch:他の国から

2010年07月08日

他の国から〜浜松食べ物編〜 by石井

他の国から



全国各地に散在するBRIDGEメンバーによる
ご当地レポート『他の国から』。

皆さん初めまして、スタッフの石井と申します。
今回は僕が住んでいます浜松をご紹介します。

他の国から3回2枚目.jpg

他の国から3回1枚目.jpg
ウナギイヌがマスコットキャラクター。


東京から車で4時間、新幹線で1時間30分。広い静岡県の西のはずれ。
近くて遠い浜松。

皆さんは浜松にどんなイメージを持っていますでしょうか?

ウナギパイ、バイク、楽器、競艇・・・


浜松と言えば・・・
皆さんがまず思い浮かべるのはやっぱり

他の国から3回3枚目.jpg
鰻茶漬け

浜名湖の名物「鰻」ですね。

この鰻は浜松駅徒歩1分にあります、「八百徳」さん(本店は駅から徒歩10分位にあります。)。鰻茶漬けが美味です。

浜松には浜名湖の鰻を使ったお店がそれこそ至る所にあります。その中で浜松市民は皆、マイ鰻屋さんを持っています。それこそガイドブックに載っていない絶品の鰻屋さんもありますので、浜松で鰻を食べたければ、現地の人に聞いてみるのが一番です。


しかし、ここ浜松で一番食べられている食べ物は

他の国から3回5枚目.jpg

他の国から3回4枚目.jpg
石松餃子の餃子15個

そう、餃子です。

浜松で作られた餃子は「浜松餃子」という名前を付けることが出来、伝統的なものは上記の様に円形に盛り、真ん中にゆでもやしを添えます。

一般的にほとんどのお店は味のバリエーションは無い普通の餃子なのですが、野菜多めで飽きのこない作り方をしています。

この「石松ぎょうざ」さんの餃子。浜松駅からは車で30分と離れていますが、僕は月に1度は食べに行きます。
ちなみに僕は最低でも餃子を週一回は食べますし、浜松の家の冷凍庫には絶対に餃子が常備してあることはテレビの某地方紹介バラエティー番組でも言ってましたが、事実です。


そして浜松在住三年目にして僕が見つけた日本一美味しいもの。美味しいもの大好きなBRIDGEメンバーにも今まで秘密にしていたもの。それは

他の国から3回6枚目.jpg
かわいい造りのお店

他の国から3回7枚目.jpg
あんまり美味しそうにみえない・・・すいません。

「モンターニュ」さんの浜松ラスクです。ここは浜松周辺に5店舗を構える洋菓子屋さん。

このラスクを求めて他県から訪れる人もたくさんいます。僕も26歳といういい歳をした青年ですが、恥ずかしげもなくかわいい店員さんに新商品の試食をもらいながら、このラスクを「自宅用です」と言って切らすことなく買っています。

ここのラスクは一つ一つ丁寧に焼きあげられ、バターの香りが香ばしい、くどくない甘みが何個食べても止まらなくなります。
本当にここしかない絶品だと僕は思っています。


まだまだ紹介したい食べ物は山ほどあるのですが、このように美味しい物がたくさんある浜松。

皆さんも近場の旅行の選択肢に、ここ浜松を入れてみては如何でしょうか?
posted by theatre project BRIDGE at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 8ch:他の国から