2010年09月26日

出没!目白チック天国 第8回

mejirotic.gif
役者・渡邉香里が、劇場「アイピット目白」の近辺にある、
素敵なお店を紹介します。

第8回 吉祥庵
s-IMG_1400.jpg

最近すっかり寒くなってきました、雨の目白!
今回は体温まるお蕎麦屋さんをご紹介。

目白駅改札を出て、
いつものように左。大通り沿い、二つ目の信号の所、
ケンタッキーの隣の建物2階にさりげなくある、
上品なお店です。
s-IMG_1401.jpg

店内はこじんまり。見た目も綺麗で、和風だけど今風な、
上品な造りです。目白っぽい!
s-IMG_1418.jpg
s-IMG_1403.jpg

ランチのお値段は1000円前後、とっつきやすい普通のお値段です。
茗荷とネギたっぷりの冷麺が気になったのですが、
この日はとっても寒かったので、あったか〜い肉南蛮に。
他にも、ランチセットで天丼やカレー丼と蕎麦のセットがあります。
s-IMG_1405.jpg

見て!このネギの色の美しさ!上品さ!
s-IMG_1409.jpg

お味も上ひーん!肉南蛮なのにあぶらっぽくなく、
シンプルに、おいちい!!
s-IMG_1415.jpg

目白らしい、想像通りの上品な美味しさ。
天ぷらや豆腐など一品料理もあり、
夜は普通にお酒が飲めるようです。
他のメニューも食べてみたいですね!

今日のまとめ
http://r.tabelog.com/tokyo/A1305/A130502/13026318/
posted by theatre project BRIDGE at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 7ch:出没!目白チック天国

2010年09月25日

10年どうでしょう 第一回【南京Tシャツを探せ!】編

10年どうでしょう

さぁ!満を持しての解禁となりました『10年どうでしょう』!
唯一「BRIDGEチャンネル10」の中で更新がなく、その全貌がベールに包まれていた秘密のチャンネルです。


こんにちは。theatre project BRIDGEの役者の山本洋平です。
さて、『10年どうでしょう』第1回目はBRIDGE初のロケ企画の模様をお送りします。
その内容は「神戸南京町Tシャツを探せ!」です。
いきなり全く訳のわからない企画が飛び出してきて大丈夫なのかこのチャンネルは?といった感じでしょうが、簡単にご説明させて頂きます。

遡ること約8年。僕にとって初のBRIDGE参加作品でした「あの夏のMessenger」。
その時、僕はヒーロー戦隊研究会なるものに所属する純粋無垢にアニメとヒーローを愛する、オタクのテツ君を演じました。
そのキャラクターは現在流行りのアキバ系とは少し違った、元気で必死でそれでいてとても気弱でちょっと気持ち悪くて、でもどこか憎めない愛嬌のあるアニメ・ヒーローオタク君でした。
そんなテツ君を演じるにあたって当時選ばれた衣装がこちら!!

10年どうでしょう第一回.jpg


………。

ヒーローオタクとはどういう繋がりがあるのか全くわからないが、インパクトは素晴らしい、こちらのTシャツを着ていました。

このTシャツはメンバーの一人がタンスの肥やしからひっぱり出してきたもので、どこで入手したかは全くの不明のものです。
何気なく持ってこられたものが演出に気に入られ、即決でテツ君の衣装となりました。

さて、第1回目の『10年どうでしょう』は「この神戸南京町Tシャツを探し出せ!!」というものです。
手掛かりはTシャツに書かれた「神戸南京町」の文字のみです。
まったく無茶な指令だがやるしかない!

と、いうことで、僕たちは神戸までこのTシャツを探しに行ってきちゃいました。
詳しい様子は以下の動画でお楽しみください。



さぁ、Tシャツ探しの旅へ出発!!
posted by theatre project BRIDGE at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 10ch:10年どうでしょう

2010年09月22日

『バースデー』稽古場日記:
台本更新中!(渡邉香里)

どうも。役者・渡邉香里です。
平日はモーレツに働いて、土日はマイペースで稽古する、を最近のモットーにしています。

BRIDGEも10年目!やはり節目の年として、今年は更に気合いが入ります。

そんな気合いで稽古してるのですが、台本がね、できてないんですよ…!(小声)
毎週少しずつ更新されてくのですが、できたとこからドンドン段取り付けをやっていきます。
しかしね、変わるんですよ…!(小声)台本がね、何度も丸ごと差し替えになるんですよ…!

10周年で今までで一番面白いものを作りたくて、今回は相当迷ってますね。
でも、書き直してもっと面白くなるなら、どんとこい!アタシたち役者は、毎回もらった台本に全力で取り組むのみです。

『500万年ララバイ』の改訂とはいえ、印象は全然違うかも。オカマと少年を中心に、一人何役もバタバタ入れ替わります!
連載みたいに、毎回続きが読めるのを楽しみにしつつ、自分の役がどうなるのかもワクワクしてます。ちなみに今、4役やってますが、あと最低2役はあると思います。

まあ近況としては、永田さんがふざけてばかりで、稽古に支障がでるくらいですかね(笑)
休憩時間も元気です!32なのに小学生みたい!

永田さんを見習って?体力つけて、頑張ります。
今年は今までとはまた一風変わった、新しい10年目のBRIDGEを見せられると思います。

稽古場日記

稽古場日記

稽古場日記
posted by theatre project BRIDGE at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 1ch:ニュース

2010年09月17日

他の国から〜旭川編A by堀川ロコ〜

他の国から
あぁあ〜あああああ〜あ〜
ぁあ〜あああああ〜


父さん、

僕は…『他の国から』レポーターの堀川ロコなわけで。

北海道の短い夏に終わりを告げるかのような冷たい風が僕の頬に吹きつけ、木々の色は早くも緑から赤黄に色づき始め。



全国各地に散在するBRIDGEメンバーによる
ご当地レポート『他の国から』 。
北海道、鹿児島、浜松、宇都宮・・・そして再び北海道。


7月8月、雄大な大地の息吹を謳歌する夏の北海道。
9月に入ると一転して風は冷たく、そして朝夕は半袖では厳しい冷え込みを見せます。
「秋の気配」どころでは無く、すっかり「秋」そのもの。
秋を迎えるとすぐに厳しい冬が来る...。
道産子の心は秋になると急激に冷え込む。
...と思いきや。
秋になると急に張り切る道産子が増えます。


何故でしょう。
食いしん坊の多い道産子にとって秋と言えば「アキアジ」。
ご存じですか?
アキアジ=秋味、もちろん秋の味覚。
さて、何でしょう。


これです!
no-title


そうなんです、「秋鮭」と書いて「アキアジ」と読む(本当です)。正に秋の味覚です。
9月1日に道内で一斉に禁漁が解け、週末となると世のお父様方は週末になると車を飛ばしてひたすら海へ。


産卵のため川に上ってきたところを捕獲するのは禁止されている(例:石狩川は河口から1km以内が禁漁)ため、釣り人は河口に集まり夜明け前から場所取り合戦。
人気ポイントでは前日夜からすでに混み合い、明け方には2m毎に竿が並ぶほどの大混雑を見せます。
北の国旭川2 釣り.jpg


仕掛けはこんな感じ<『鮭釣り倶楽部』より※>
北の国旭川2 仕掛け.jpg

アキアジ釣りは数ある釣りの中でも<ルアー+餌>という特殊な方法を用います。
餌は通常サンマの切り身を使います。肉食系なんですねぇ。
ちなみにこれはタコベイトという蛍光のタコのおもちゃ。
こんなものに釣られちゃう鮭はちょっと可愛い。
<同じく『鮭釣り倶楽部』より※>
タコベイト.jpg

・・・こんな顔をみてしまうと可愛いなんて言ってはいられません。
明らかにゴツい。
北の国旭川2 鮭.jpg


さて、めでたくお父様方が頑張って獲物を捕って来た後は、お母様方の出番です。
頭を落とし、アラ汁を煮、身はチャンチャン焼きに、雌ならイクラを漬け、雄なら白子を天ぷらに。


恐らくアイヌが先住していた頃から、今も昔も変わらぬ秋の喜びなのです。



・・・と、長々さも嬉しそうにリポートしてきましたが、

何を隠そう、

私は、


昨年2回アキアジ釣りに出かけ、

2回とも坊主...。

非常にレアケースです(涙)。
餌のサンマを帰って食べました(涙涙)




※「鮭釣り倶楽部」のHPはこちら。
http://ww6.et.tiki.ne.jp/~akiazi/
posted by theatre project BRIDGE at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 8ch:他の国から

2010年09月15日

『バースデー』稽古場日記:
『はっちゃける!』(鳥居沙菜)

みなさま、お元気ですか〜?
まだまだ若いと思っていたのに、とうとう十の位が変わってしまった役者の鳥居沙菜です。
それでも変わらず元気に稽古場の様子をお伝えします!

今回の公演『バースデー』は大きく4部構成からなっています。
各部で設定されている場所やシチュエーションが異なり、数人以外は登場人物も異なります。
それを役者8人で演じるということは・・・そうです、1人複数役演じる役者がいるのです。
今日の稽古では、その内の第1部をメインに練習をしましたが、もうそれはそれは強烈なキャラクター満載になる予定でございます。
その強烈なキャラクターを創り上げるには、かなりのはっちゃけが必要で、それには相当なパワーを要します。
稽古していてすごく楽しいのですが、ふと我に返り「これをあと3部分やるのか〜」と思うと嬉しい反面、恐ろしいと冷や汗を掻いてしまいます。

そんな自分をはっちゃけさせる稽古として久し振りに「エチュード」という即興芝居をみんなでやりました。
やってみて感じたことはメンバー内で自然に役割が決まっているということです。
例えば、永田さんはとにかくよくしゃべる!むしろ、留まることを知らない(笑)。
他のメンバーも地道にストーリーを創り上げていく者や、アクセントいや爆弾を落としていく者、気持ち悪さが売りの者などなんとなく数回エチュードをやることでその役割が見えてきました。
また、いくつかここでも強烈なキャラクターが出てきたので、今後の本稽古のための良い刺激となりました。

という訳で、これからよりはっちゃけながら稽古をやっていきます。
是非11月には劇場でお会いしましょう!
お楽しみに〜!!

10P1070886.jpg

10P1070895.jpg

0815-1.jpg
posted by theatre project BRIDGE at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 1ch:ニュース